なぜ「日本語の発表」に20分も使うのか?

▶ 2019/06/24

 

長いゴールデンウィーク明けの
レッスンは、休み中の
思い出を、
日本語で発表してもらいました。

 

 

 

 

 

1人1人前に立ち、
書いてきた作文を読み上げます。
発表が終わったら1人1個
日本語で質問してもらいます。

 

 

 

 

 

uYBdXyWRHHoxZ9i1561436196_1561436219
大きな声でできました!

 

 

 

 

 

楽しい思い出がたくさん!
みんな、上手に発表できました。

 

 

 

 

 

日本語の土台があって

はじめて英語が話せる

 

 

 

 

 

英語学習はとても長いプロセスです。
何百ものステップがあって
1つ1つ階段を登っていかなくてはいけません。

 

 

 

 

 

そして、その
大きな階段を支える
土台
となるのが「日本語力」です。

 

 

 

 

LY1NVpp0OGvZThY1561435856_1561435933
人の発表を聞くのも大事なコミュニケーションです

 

 

 

 

土台がしっかりしていなかったり、
狭かったりすると、
その上に乗せられる
知識の量も、
会話の質・幅も限られてしまいます。

 

 

 

 

 

一番必要?だけど、

一番欠けている教育とは?

 

 

 

 

 

今回のGWの発表(日本語での)
には、
レッスンの20分を使いました。

 

 

 

 

 

なぜ、レッスンの大半を
日本語の発表につかうのかというと
子供達に、

 

 

 

 

① 言語力の土台、日本語力を伸ばしてほしい

 

② 自分の考えをしっかり文章に、まとめる練習をしてほしい

 

③ 人前で発表する経験を沢山してほしい

 

からです。

 

 

 

 

 

PQJR2lxBfebQfnr1561435508_1561435689
母国語が全ての土台になる!

 

 

 

 

 

英語は会話のツールですので
必ず人と関わり、グループの大小、
形式に関わらず、自分の意見を
発表しなくてはいけません。

 

 

 

 

 

しかし、普段の生活や学校でも
あまり、そういう機会はないため、
意識して取り組まない限り
深く物事を考えたり、自分の意見をまとめて、
伝える力や言語能力は、
中々、育ちません。
(各家庭の生活習慣・環境に左右されます)

 

 

 

 

 

そのため、私達の教室では、
常に、
自分の考えまとめること
自分の考えを発表すること
意識したレッスンを行っています。

 

 

 

 

 

5AF0qx3OGeXiUpl1561436068_1561436090
英検3級以上の中学生は英語で発表です

 

 

 

 

 

今回のGWの発表はその一環です。
例え、日本語の練習に
30分使ったとしても

決して、中途半端にすることはありません。

 

 

 

 

 

日本語力がつけば、

自分の力で勉強できるようになる

 

 

 

 

 

日本語力は、
学校の成績にも関係します。

 

 

 

 


特に、中学に入ると、長い文章や説明を
理解することが求められます。

 

 

 

 

 

r59de8ksW6t2_8Z1561436355_1561436392
母の日・父の日にカードを送ります。これも日本語を
しっかりノートに書くことから始めます。

 

 

 

 

 

日本語力が弱いと、急に増えた情報量に
処理が追い付かず、「何から始めればいいの?」
というフリーズ状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

そうなると、
勉強の習慣が身に付かず
当然、テストの結果も出ません。

 

 

 

 

そして、後から
この状態を覆すのは
大変
なことです。

 

 

 

 

IMG_5029
小さい生徒さんはお母さんの似顔絵や好きな物を。

 

 

 

 

 

逆に、日本語力が高ければ
学んだことをすぐに理解できるので、
勉強することが苦になりません。

 

 

 

 

 

わからないことがあっても
自分で教科書を見て、
自分で問題を解決
できる
ようになります。

 

 

 

 

 

IMG_5031
お父さん・お母さんがいつもしてくれることを考える。
漠然としたイメージを言葉に変えていきます。

 

 

 

 

こういう子供達は、
勉強以外でも、部活動や
私生活で様々なことを学び、
人間的にも大きく成長
していきます。

 

 

 

 

 

e4ZdnNm5OUIM6rc1561437083_1561437132
Happy Mother’s Day!!

 

 

 

 

 

日本語力を高めるには?

 

 

 

 

 

やはり、小さい時から、沢山本を読んだり、
文章を書いたり、その日のことや、
旅行の思い出を話したりして、
脳を沢山コネて言葉を使い
脳力を伸ばすことが大切です。

 

 

 

 

 

IMG_4933
中高生もやります。最初はイヤがりますが(苦笑)
はじめれば真剣です。テスト90点を取ることよりも
はるかに大切なことです。

 

 

 

 

 

すぐに色々と始めるのは大変だと思います。
ですから、まず意識すること
から始めてみてください。

 

 

 

 

 

お父さん、お母さんが
意識するだけで、
そういう
機会に気づいたり、
少ない時間でも
できることが、
自然と見つかるはずです。

 

 

 

 

 

IMG_5040
習った表現を積極的に使っています。Good Job!

 

 

 

 

 

小さなことでも、まずやってみましょう。
続けて、積み重ねることが
英会話にも、中学での学習にも、
もちろん、人間的な成長にも、
必ず、
大きな違いをもたらすはずです。

 

 

 

 

 

 homeホームに戻る

「学力」が先?「人間力」が先?

▶ 2019/03/19

 

12月23日は成美会館にて
クリスマスパーティを行いました。
140名の方が参加してくれ
エネルギーいっぱいのイベントに
なりました!

 

 

 

 

 

IMG_4114

140名の方が参加してくれ
エネルギーいっぱいのイベントになりました!

 

 

 

 

 

パーティでは、
生徒全員で英語ミュージカル、
クリスマスキャロルを発表します。

 

 

 

 

 

1人1人が一生懸命に練習をし
本番では大勢のお客さんの前でも
堂々として輝いていました

 

 

 

 

 

IMG_4124
幼児~高校生まで全員で力を合わせて頑張りました!
1人1人が輝いていました✨

 

 

 

 

前回はボロボロ・・・

 

 

 

 

 

パーティの裏舞台では
今回も中高生11名が
スタッフとして
準備から関わり、
当日の運営、
劇の裏方、片付けまで、
英語を使って
チャレンジ!

 

 

 

 

 

前回は・・

 

 

 

 

 

× おしゃべりをしていて道具の出し入れを忘れる・・

× 自分のことで精一杯・・

× お互いコミュニケーションをしない・・

× イレギュラーに思考停止・・

× 人任せ・・

 

 

 

 

 

そんな、ボロボロの状態でした・・・。

 

 

 

 

 

IMG_4173
100人の前で踊って、歌って【表現力・人前で話す勇気】を育てます。
1番必要で1番欠けている教育・・。この積み重ねが本物の会話力につながります。

 

 

 

 

 

1年1回の経験が大きな成長になる

 

 

 

 

 

ほぼ同じメンバーで臨んだ
今回は
前回の失敗から学び、
レッスンやインターンシップで
沢山のリハーサルを重ねました。
その結果・・・

 

 

 

 

 

当日、ほぼミスなし

 

 

 

 

 

IMG_4190
軽音部の高校3年生がマライヤキャリーを披露♪ 盛り上がりました!
受験も無事終わって良かったね。お疲れさま(^^)

 

 

 

 


急な欠員が2名出ても慌てず、
お互い声を掛け合い
カバーできていました。

 

 

 

 

 

今回は総合司会も生徒が
やりました。
初の試みでしたが、
中学2年生の女の子

見事、1人でやりきりました!
(もちろん英語です)

 

 

 

 

 

IMG_4286
他学年や違うクラスの生徒達との協力。限られた期間で、
慣れない人とのチームプレーはこれから増々、重要になります。
上手くできて、みんな笑顔(^^)

 

 

 

 

 

どうして、こんなに成長したの?

 

 

 

 

 

前回の経験から、1人1人が逞しく
レベルアップし
より責任感を持って
積極的に
動いたからだと思います。

 

 

 

 


何よりも前回と違っていたのは、
指示がなくても、自分達で
コミュニケーション
を取り合い、
問題解決に取り組んでいたことです。

 

 

 

 

 

「ここは私がやろうか」
「この時に行けばいいかな」
「このタイミングで準備していないとダメだね」

 

 

 

 

 

とても頼もしく見えました。
たった1年1回の経験で
子供達はこんなに成長すると、
実感した瞬間でした。

 

 

 

 

 

IMG_4084
劇のシミュレーション。11名の中学生が合同レッスンで行いました。

 

 

 

 

 

「人間力」がある ⇒
だから、話せる!成績もいい!

 

 

 

 

 

今回スタッフをした生徒達は

 

 

 

 


★ 明るく・積極的に人と関わり
★ ちょっと怒られても・失敗してもへこたれないガッツと
★ 未知のことにチャレンジしていく勇気

 

 

 

 

 

を持っています。

 

 

 

 

 

023

劇以外にも仕事も沢山(^^;ケーキ箱詰めの様子。
「英語で仕事をする」インターンシッププログラムの一環です。

 

 

 

 

 

会話力は、今、1人で留学しても
何とかやっていける力を既に身に着けており、
学校英検でもいい成績を出しています。
(中学8名中:2級×2名、準2×3名、3級×3名)

 

 

 

 

 

私達の自慢の生徒達です(^^)

 

 

 

 

 

091
お菓子の袋詰めもやります。ワイワイ、楽しくやっています(^^)
今年は100袋分。Wow!

 

 

 

 

 

「できる人」の共通点

 

 

 

 

 

会話力もあって成績もいい、
彼らには
共通点があります。

 

 

 

 

 

それは、小学生の頃から
教室のイベントに参加し、

 

 

 

 


★ 他の人と交じって、
★ 人前でダンスをしたり、
★ 歌ったり、
発表したり、
★ 劇を一緒に作ったりなど、

 

 

 

 

 

様々な機会を通して、
人としての経験値を積み
じっくり「人間力」を育ててきた
ことです。

 

 

 

 

 

IMG_4073
ジャーン!子供達のリアクションがうれしくて毎年、頑張っています。
1人でやると12時間(笑)これ、誰がやってると思います?

 

 

 

 

 

あくまで教室での共通点ですが、
こうした家庭では、例外なくお家でも
「人間力」を重視した
子育てをされています。

 

 

 

 

 

076
そう。生徒です。英語を使えばとてもいい練習になります。
日曜日に来てやってくれました。Thank you!

 

 

 

 

ゴールデンエイジをご存知ですか?

 

 

 

 

 

幼児期~10歳までの期間
のことで
この時期に、勉強の主役となる力、
例えば

 

 

 

 

 

———————————————
考える力、応用力、情報理解力、表現力、
粘り強さ、学習を楽しむ習慣、論理性、等
———————————————

 

 

 

 

 

が急速に伸びると言われています。

 

 

 

 

 

つまり、人としての力 =
「人間力」が高いほど、
学力も身につきやすい

ということです。

 

 

 

 

 

IMG_4379
プロジェクターだって、やりながら学びます。
OJTどんと来い!

 

 

 

 

 

どうしたら「人間力」は
育つのか?

 

 

 

 

 

一番の方法は、勉強した知識を
色々な経験を通して、どんどん繋げて、
応用・発展させる「経験教育」を
多く積むこと
です。

 

 

 

 

 

「人間力」は中々育ちません
成果も見えずらく、忍耐力が要求されます。

 

 

 

 

 

しかし、長期的な視点を持って
じっくり、それらを育んできたお子様と、
そうでないお子様との差は

 

 

 

 

 

中学に入ってから
「点数」という形で
じわじわと出てきます。

 

 

 

 

 

DSC_2717
中学生~高校生まで一丸となって頑張りました。私達の自慢の生徒達です(^^)

 

 

 

 

 

ゴールデンエイジにいる子供達は
「面倒くさい」という
言葉を知りません

好奇心旺盛で成長することに意欲的です。

 

 

 

 

 

もし、あなたのお子様が
この期間にいるのなら、
今がチャンスです。

 

 

 

 

 

家事でも何でも、身の回りのことから
色々な「経験教育」を積ませてあげてください。
その1つ1つの積み重ねが、必ず
中学・高校での勉強に繋がる
はずです(^^)

 

 

 

 

 

受験専門の予備校講師も
同じことを言っています 

 

 

 

 

 

東進ハイスクールの
カリスマ英語講師・安河内先生も
こちらの本で私達と同じことを言っています。
学力を身につけるには人間力が必要


小学生のお子様をお持ちの
方にとても参考になる本です。

 

 

 

 

 

受験専門の先生が
同じことを言っている
のですから「人間力育成」の大切さが
わかります。

 

 

 

 

 

 

今回のブログを書くにあたり
こちらの本を参考にさせて頂きましたので
最後に紹介させて頂きました(^^)

 

 

 

 

 

homeホームに戻る

61個の英訳、完成!

▶ 2018/11/29

 

 

毎年、夏休みの宿題では
夏の思い出を日本語で書いてもらっています。
それもしっかりとした日本文書くようにしています。

 

 

 

 

 

IMG_20171125_163140
小学1年生の作文。楽しい海の思い出を書いてくれました!

 

 

 

 

 

なぜ、日本語が大切なのか?
私達はこのように考えています

 

 

 

 

 

日本語で伝わらないことは

英語でも伝わらない

 

 

 

 

 

私達のほとんどは
99%日本語での生活をしています。

 

 

 

 

 

その環境で、
最初からネイティブのように
英語で考え、英語を話すことを目指す、
というのは、あまり現実的ではありません。

 

 

 

 

 

IMG_20171125_163200
絵も上手に描けたよ!

 

 

 

 

 

 

9/24(日)の「林先生が驚く初耳学」で
林修先生もこうおっしゃっています↓

 

 

 

 

 

————————————————————————–

言語には2種類ある。

 

 

①思考の言語

②伝達の言語

 

 

英語がペラペラになるとして、思考まで英語でやるのでしょうか?

 

 

日本語で考えたことを話すならば、
①がしっかりしていなければ伝えることはできない。

 

 

何を話すかが大切であり、
この部分は自分の頭で考えて作らなくてはいけない。

 

 

ならば、小さい時から、

思考力(母国語でしっかり考える力)
を鍛えていけば、語学と言うアプリは意外と簡単に入る。

 

 

————————————————————————

 

https://youtu.be/piSc4FslLwU

 

 

 

 

 

日本人であり、日本で生活する以上、
日本語をいい加減にすることは、
あなたのお子様にとって
あらゆる面で損になってしまいます・・。

 

 

 

 

DSC_1355
字だって上手になってきたよ!

 

 

 

 

 

そのため、私達の生徒さん達は
日本語で自分の意見を考えること
を大切にしています。

 

 

 

 

 

夏作文もそのトレーニングの1つです。

 

 

 

 

 

61個の英訳に挑戦!

 

 

 

 

 

そして、それらの作文
生徒達によって英訳されます。

 

 

 

 

 

今年は準2級レベル7名の中学生
61個の夏作文の英訳に挑戦しました!
(中1× 3、中2 × 2、中3 × 1)

 

 

 

 

 

最初は赤字ばっかり・・・

 

 

 

 

 

IMG_20171125_163439
準2級といっても、実践ではまだまだです。

 

 

 

 

 

でも、彼らはへこたれませんでした。
厳しいコメントにもめげずに、くらいつき、
何度も、何度も書き直しをしました。

 

 

 

 

 

習ったばかりの文法を入れ込んでみたり、
ネットを駆使して調べたり、
自分達で工夫し積極的に取り組む姿は、
少しずつ成長していく逞しさを感じました。

 

 

 

 

 

 そして
約1カ月半かけて、やり切りました!

(先生も1人で必死の添削です 笑)

 

 

 

 

 

IMG_20171125_163230
みんなの思い出を、英訳して郵便で届けます!

 

 

 

 

DSC_1339
高学年のはハードです(汗)でも、まだレベル3。レベル4って!?

 

 

 

 

 

IMG_20171125_163318
レベル4は・・・えっ、絵がない!やっ、やるぞ!

 

 

 

 

 

準2級ライティング満点3名!

 

 

 

 

 

この猛特訓を乗り切り、
10月に行われた英検では
合格者6名中、
3名が満点(中1 × 1、中2 × 2)
1名がほぼ満点を取ることができました!

 

 

 

 

 

DSC_1341
長文にも果敢にチャレンジ!終わった時の達成感は最高です。

 

 

 

 

 

まだまだ上達していかなくてはいけませんが、

 

 

 

この積み重ねが強く太い幹になって
社会に出た時に大きく花開くと私達は信じています。

 

 

 

 

 

思考力を高める方法とは?

 

 

 

 

 

一番いい方法は、
沢山の本を読むことです。
小さい時から始めるのがいいです。

 

 

 

 

 

教室の保護者さんには、伝記をおススメしています。
理由は、

 

 

 

 

 

伝記には、偉人たちが問題や困難を
どのように乗り越えてきたかが書かれています。
それらを学ぶことで、

 

 

 

 

 

✔ 困難に立ち向かう精神力・
✔ 努力する謙虚さ
✔  問題を解決するための創造・想像力

 

 

 

 

が育ちます。

 

 

 

 

 

DSC_1348
61個全て、やり切りました!お疲れ様!

 

 

 

 


また、世界に目を向けることで

 

 

 

 

 

✔ 視野が広がり
✔ 価値観の基盤が作られ
✔ 思いやりのある心

 

 

 

 

 

が育ちます。
「三つ子の魂百まで」という言葉もあるように
小さい時に触れる世界はとても大切です。

 

 

 

 

 

 

あなたのお子様にも是非、色々な人、
世界の本を読ませてあげてくださいね(^^)

 

 

 

 

 

        無料体験やっています(^^)/

      ↓ ご予約はお電話で ↓

   ☎ 042-423-3376

 

 

homeホームに戻る

【必見】元ジャガー・ジャパン社長からのコメント

▶ 2018/03/01

 

 

 

2月11日(日)は
バレンタイン・チャリティ・バザーを行いました。

 

 

 

 

 

 

 IMG_2628
ドミニカ、インド、バングラディッシュ、フィリピン、インドネシア、アメリカ、
仙台、長野、山口からの商品が賑やかに並びました(^^)♪♪♪

 

 

 

 

 

国内外にある様々な問題の解決に
取り組む人達が一生懸命、作る商品を
生徒達が英語で販売しました。

 

 

 

 

 

IMG_2632
【ドミニカのフェアトレードチョココーナー】
開店と同時に来てくれました!スタッフ緊張(汗)

 

 

 

 

 

中学生以上の生徒
当日の販売だけでなく、企画から取り組みました。

 

 

 

 

 

✔ 販売目標・仕入数を決めたり

✔ 英語での売り文句、看板の作成

 原価計算

✔ プレスリリースにもチャレンジ!
 

 

 

 

 

もちろん英語でやります。

 

 

 

 

 

約50名の保護者の方に来ていただき
子供達にとてもいい経験を提供できました。
本当にありがとうございます!(^^)

 

 

 

 

 

IMG_2650
【仙台の障害者の方が作る手作りクッキー】大人気で30個、あっという間に完売!
Great Job!

 

 

 

 

 

元ジャガー・ジャパン社長からのコメント

 

 

 

 

 

イベントには外部の方もご招待しました。

 

 

 

 

 

新座5中からは
ALT講師のシェリー先生
保健室の佐藤先生が来てくださいました。

 

 

 

 

 

IMG_2656
【英語の絵本コーナー】
新座5中のシェリー先生。英語教育についてお話し中。

 

 

 

 

 

IMG_2655
【インド・バングラディッシュの伝統刺繍コーナー】
新座5中の保健室の佐藤先生。英語が上手!教え子、頑張って(^^;

 

 

 

 

 

千葉の翔凛高校からは
グローバル理解・特別講師」の
福田先生が参加してくださいました。

 

 

 

 

  

福田さんは、なんと!
スイス日産社長

GM・ジャパン副社長!!

ジャガー・ジャパン社長!!!

 

 

 

 

 

を歴任。常に
グローバルビジネスの第一線で
活躍してこられました。

 

 

 

 

 

IMG_2651
福田さん。8人目の孫とご来店。横浜から来てくれました。
「あの英語ベラベラなおじいさん、誰!?焦った!」
生徒の感想(笑)

 

 

 

 

 

その福田さんからの
コメントを紹介します。
↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

—————————————————

生徒達の臆せず積極的に
喋ろうとする姿勢がよかったですね。

その姿勢こそ英語上達の近道です。

 

 

また、チャリティイベントであることもよく自覚し
生産者の気持ちに寄り添った仕事ぶりでした。

 

 

習った英語を
日常生活で実践すること

社会に出た時に必要な素地を作り、

 

 

チャリティ精神を身につけることは
豊かな人間力を養います。

 

 

今、会社が
採用時に最も重視する
資質は「人間性」です。

 

 

外資系企業でも
一番求められるのは
「integrity」
つまり
人間としての高潔性です。

 

 

英語は大事。ですが、、、

 

 

仕事を行う上での
人間性がなければ

英語はたちまち宝の持ち腐れとなってしまいます。

 

 

社会で求められる能力にはもちろん
「読み・書き・話す」の基本能力があります。

 

 

ですが、
その上に大事なのは人間力。
つまり、

 

 

● リーダーシップ
● フォロワーシップ

● フェアプレー
● チームワーク
● 忍耐力

● コミュニケーション力

 

等であり、

 

 

このような人間力は
教室の中だけでは学べません

 

 

今回のようなイベントは
これらの能力を養うのに最適です。

 

 

こうした本物の教育を提供できる
先生学校が
どんどん増えてほしいと思います。

—————————————————–

 

 

 

 

 

コメントありがとうございます!(^^)/ 

 

 

 

 

 

英語ペラペラより遥かに大事なこと


 

 

 

 

英語がペラペラ、
発音がネイティブ、
受験のための英語・・・

 

 

 

 

 

 

私達の教室の生徒さんは
こう言ったことは目指していません。

 

 

 

 

 

IMG_2565
スタッフは準備から参加。商品の売り文句を英語で作成中。中1組。

 

 

 

 

 

なぜなら、それらは
単なる英語技術であり、
もう社会で必要とされていないからです。

 

 

 

 

 

今、社会で求められているのは
英語での

 

 

 

 

 

✔ 問題解決力

✔ チームプレー

✔ 企画力・実行力

✔ 説得力

✔ 礼儀・向上心・思いやり等の人間力

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

DSCF5729
コーナー看板を作成中。本物の実践の中で問題解決力・創造力を磨きます。

 

 

 

 

 

IMG_2587
英語接客の練習。自分で作った売り文句。
何度も何度も練習しました。

 

 

 

 

 

IMG_2612
おやきの袋詰め。当日、急きょ入った作業にも柔軟に対応しました。

 

 

 

 

 

私達の教室の生徒さんは
英語力と同時にこう言った
社会で必要な力
を鍛えています。

 

 

 

 

 

今回のイベントでも、家や学校では
経験したことのない世界

戸惑い上手くいかない事
も沢山、沢山ありました。

 

 

 

 

 

 

IMG_2604
ディスプレイにもチャレンジ。本物の実践の中でチームワーク、
コミュニケーション力、創造力、問題解決力を育てます。

 

 

 

 

ですが、それらの壁に体当たりで
チャレンジし、
やり切った生徒達は、
英語はもちろん
人としても
一回り逞しく成長しています。

 

 

 

 

春の体験レッスンやってます!

 

 

 

 

もし、あなたが、私達と同じように
お子様に目指して欲しいのは

 

 

 

 

 

英語ペラペラじゃない!

英語力と一緒に色んな経験を積んで

逞しく成長してほしい!

 

 

 

 

とお考えでしたら、
是非一度、教室にいらしください。

 

 

 

 

 

私達はそういう考えをお持ちの
お父さん・お母さんと一緒に
お子様を全力で育てたい、と思っています。

 

 

 

 

 

お電話お待ちしています!(^^) ↓ ↓ ↓

TEL:042-423-3376

 

 

 

 

 

1804体験

 

 

 

 

 

 

homeホームに戻る

全国大会出場決定!全国ジュニアスピーチコンテスト!

▶ 2017/01/20

1月8日(日)大宮ソニックシティホールにて

 


第39回
全国ジュニアスピーチコンテスト・
東ブロック大会
(主催:日本LL教育センター 後援:旺文社)

 

が開催されました。

 

 

当教室からは代表2名が出場し、
Yuka Amanoさん(小6)が見事全国大会出場を果たすことができました!

 

 

 

s-IMG_0714

一生懸命練習した成果が出せました!

 

 

 

関東、東北、北陸から各地区代表24名が参加し、
その中の4名のみが全国大会に選出されるという
厳しい条件の中勝ち取った見事な結果です。

 

 

 

s-IMG_0731

発音だけじゃなく表現力も磨きました!Congratulations!

 

 

 

約2分半の英語スピーチでは発音はもちろんのこと
日頃の文法の理解度、スピーチの理解度、表現力が試されます。

 

 

 

s-IMG_0738
院長先生と記念写真。自分のことのように飛び跳ねて喜んでました(笑)

 

 

 

IMG_0773

 

 

 

一生懸命練習してきたYukaさん
本番では普段を超える力が出せたように思います。
いい結果が出て教室も本当に嬉しいです。

 

 

 

IMG_0777

 

 

 

Yukaさんは2月5日(日)に開催される全国大会に臨みます! 

 

 

 

 

教室紹介ビデオもぜひご覧ください(^^)/↑

 

 

 

bnr_tel

 

 

 

 

homeホームに戻る

英語ができる人は必要ない!?

▶ 2016/05/30

 

長いゴールデンウィークでしたね。
皆様いいお休みを過ごせましたか?(^^)

 

教室は大整理をしたり、
5/8(日)は
熊本震災の募金活動もしました。
バタバタとしましたが、充実したお休みでした(^^;

 
→熊本県募金活動の様子はこちらでです。見てください(^^)


—-英語ができる人は必要ない?—-


英語は科学者や職人さんが持つような
専門能力では決してありません


人口減少に伴い国内市場が縮小していきますので、

企業はさらに海外に進出していきます。
国内にもどんどん外国人マーケットが増えていきます


そうなれば、
英語は必須能力になります。
その時に英語ができなければ何もできません。
英語力を着けることは必要です。

 

ただ、英語が多少できたからといって、
何ができるわけでも、すごいわけでもありません。


お子様の就職活動の頃には、TOEICのスコアも
留学経験もペラペラに話せることも企業にとっては
重要でなくなります。

 

単に「英語ができる人」は求められなくなるのです。


 —-企業が求める人材とは—-


今ですら英語は評価基準の一つではありますが、
入社後は、大概それ以外の能力で評価されています。

 

企業がこれから求める人材
英語力の他に強みを持ち(物が売れるとか専門技術等)、
それらを応用し、考えること、改善すること、
そして創造し、行動に移す事ができる人です。

 

本当の意味で、
「英語で仕事ができる人材」になる必要があります。

 

 

—-私達は英語力と経験を提供する学校です—-

 

これらの力を伸ばすには様々な経験が必要です。
そして、そこから自分の考えを構築し、実際に行動に移す。
この積み重ねが必要です。


当教室には現在、幼児から大学生まで

約70名近くの生徒さんが来てくれています。


私達は生徒の皆さんに教室で学ぶ事をきっかけに、

色々な世界を見て、経験し、強みを見つけ、磨き
大きく育ってほしいと思っています


そして「英語で仕事ができる人」になり

それを通して「世界の発展と平和」
貢献
して
ほしいと心から思っています。

 

皆さんが最短距離でそこに近づけるよう、
様々なレッスン、イベントや機会を提供することに
日々、取り組んでいます。

 

今回の熊本震災の募金活動もその一つです。

是非一度、私達のレッスンにいらして

どんな教室か体験してください!(^^)

 

024648

 

—— レッスンへご招待 ——

 

 

まずは、私達のレッスンを体験してください。

既存クラス通常のレッスンが体験できます。

 

 

⇒ 教室の特徴はコチラ

 

⇒レッスン費用はコチラ

 

⇒レッスンスケジュールはコチラ

 

 少しでも気になった方は、
まず、お電話 or メールをください

最適なレッスン日をお伝えします。

 

 

 TEL:042-423-3376 E-mail:hibari@si-ltd.co.jp

 

 

 

—— 30週年記念 特別プレゼント ——


5月31日(木)までに入会の方

特別プレゼントを
ご用意しています!

 

教室の30周年にちなみ30名様限定です!

 

(1)入会金無料(6,480円分)

(2)*絵辞典 又は *英検絵単語帳

 

* 絵辞典は「英語教育特区」に認定された群馬太田国際アカデミーで作られた
とてもいい教材です。

 

 

 お問合せお待ちしています

Let’s Start English with us!! (^^)

 

 

bnr_tel

 

 

 

 homeトップページに戻る

どうやったら自主的に勉強してくれるのか?

▶ 2016/05/23

 

5月15日(日)に熊本震災募金活動(2回目)を行いました。

 

今回は人数の関係で、午前中にひばりが丘駅北口で、

午後から南口にて5時間行いました。

 

 

IMG_0379 

 

 

12名の生徒ボランティアが参加し、

当日は前回よりも日差しが強く、特に午後は

皆少し大変そうでしたが、なんとかやり切りました!

 

 

IMG_0380

 

IMG_0393

 

 

今回も沢山の方から暖かいサポートを頂き、

¥120,249集まりました!

前回の5/8(日)分と合わせて

 

合計¥293,880です!!

 

地域の皆様、本当にありがとうございました!! 

 

お金は熊本地震義援金に翌日送金いたしました。

 

DSCF5166

 

送金

 

 

子供たちができる方法で、と考えたことが

子供たちこそ一番力を発揮できる方法だったようです。

 

小学生だけでなく、高校生も頑張りました

準備では自主的に看板作り等を手伝ってくれたNeneちゃん。

帰宅後、夜遅くに「くまモンのイラスト」を仕上げてくれた美術部のMiuちゃん。

中間テスト期間中に参加した生徒もいました。

 

 

IMG_0388

 

 

今回の活動で子供たちは沢山のことを経験しました。

 

次回同じようなことが起きたら、今回やったことに

 

自分たちの考えを加え、自ら行動を起こせる、

心と行動力をつけてくれたと思います

 

 

IMG_0389

 

 

どうやったら勉強をしっかりしてくれるのだろう?

 

保護者の皆様の共通の悩みかと思います。

自分の勉強をしっかりしない、ということは

自分への責任感がまだ低いということです

 

どうすれば自分への責任感を高められるのか。

今回の活動を通して1つ答えを見つけたように思います。

 

自分への責任感を高めるには、

自分のことも大事ですが、社会への責任、もしくは

所属するグループにおける役割、責任

できることで果たすことが、大きな自信になり

自分に対して責任を持てるようになるのではないか

今の子供たちの表情、姿勢を見て強く感じています。

 

 

IMG_0395

 

 

英語技術向上だけが私たちの役割ではない、

と感じております。

 

募金活動は一旦一区切りになりますが、

引き続きできることで、微力ではありますが、

熊本の皆様のお力になれればと思っております。

 

熊本の皆様頑張ってください!

 

 

 

homeホームに戻る

Jack-o-lantern(お化けカボチャ)作りました!

▶ 2016/01/15

we are growing

 

想像力と創造力を育てるレッスン

 

 

当教室ではこの時期になると、毎年全クラスで、Halloween のシンボルとも

言える“Jack-o-lanternを作ります。先がギザギザになっているスプーンを

家から持ってきてもらい、かぼちゃをくり抜きます。「ヌルヌルして気持ち

わる~い!」「臭~い」と言いながらキャアキャア、ワイワイと、あっという間に

1時間が過ぎていきます。かぼちゃをくり抜くだけで1レッスンが終わってしまう

なんて時間がもったいないと思われるかもしれません。

しかし、私たちが学習しているのはコミュニケーションの英語です。

言語とは、文化と共にその地で生まれ、人々によって育まれてきたものです。

ですから文化抜きにした言語活動は絶対に存在しないと私は信じます。

異なった国々の文化を受け入れ共有しあうことで、私たちは “相互理解” と

いう同じ土俵の上に立つことができるのではないでしょうか。その意味でも

このレッスンはとても貴重な1時間となります。そしてこのレッスンにはもう

1つの大切な役割があります。それは、くり抜いたかぼちゃに手を加え、

オリジナルな “Jack-o-lantern” を創作してくることです。単語を覚えたり、文章を

暗記したりすることは、すでにあるものを記憶する作業です。しかし、創作

いう作業は、何もないところから生み出す “イマジネーション” と“クリエ

ィビティの世界です。せっかく時間をかけて学んだ英語技術も、この力が

なけば、使いこなすことはできません。またこの力は,今後の長い人生において

問題を解決していく大きな力となってくれるはずです。

この2つの目的を実行するために、教室は “Jack-o-lantern” を作り

続けています。

 

 

教室は今、こんな状態になっています

 

DSCF4445

 

DSCF4447

 

DSCF4463

 

 

 

私たちは Jack-o-lantern 作りのベテランです

 

DSCF4428   DSCF4427

 

DSCF4406  halloween candle

 

DSCF4412

 

DSCF4421  DSCF4418

 

 

 

幻想的でしょう! 毎年、この光に感動です!

 

DSCF4400

 

DSCF4414

 

 

 

 

 

homeトップページに戻る

 

 

 

 

 

 

子供スケジュール

▶ 2016/01/01

2020スケジュール

 

 

bnr_tel

星レッスン費用はコチラ     homeホームに戻る

大人レッスン費用

▶ 2016/01/01

 

大人価格1909

 

 

 bnr_tel

 

 

 

 homeホームに戻る

2 / 41234

お気軽にご相談ください!無料体験 レッスン受付中

料金・コースについて

よくある質問

〒352-0035
埼玉県新座市栗原5-12-3

パソコンを始めようと思っているあなたへ パソコン市民講座

STEP WORLD ステップワールド英語スクール

アーカイブ